SI・GE・KI

ZAZEN BOYS

SI・GE・KI

作詞:MUKAI SHUTOKU
作曲:MUKAI SHUTOKU
発売日:2004/01/10
この曲の表示回数:19,133回

SI・GE・KI
上空を見る。鉄饅頭のような雲が全く美味くなさそう。
桜色したオートバイで首、取れそうなくらいブッ飛ばして
猫魚を釣りに行きたい…。隅田川にうちあげられた遺体。
六本木は現実。 ワタシ、現在っ子。
じっとしている私、即身仏のように。

桃色、青に変わる時間。目ん玉光ってるのがよーわかる距離感。
一点凝視。 鼻息荒し。JIROJIRO見んなよスケベっち。
こっから3万。 そっから10万。 あるだけ出さんとやらさん。×2
SIGEKI,SIGEKI,SIGEKI,SIGEKI,SIGEKIが欲しくてたまらんの。

部屋ではいつも熱唱。素性が分からん男子と朝まで熱唱。
夜の手癖、どいつも同じ。笑っちゃうくらいにどいつも同じ。
部屋ではいつも熱唱。素性が分からん男子と朝まで熱唱。
夜の手癖、どいつも同じ。笑っちゃうくらいにどいつも同じ。

錯乱しかけの女が発声する高音が LとRの耳クソを完全清掃する
周波数部分がくらわす
頭ん中 前頭葉を突き刺す ヒステリックな女特有の牙をムキ出す
浮き足立つ
俺の思考回路を完全に断つ 狂い咲くぐんじょう色の花模様
真っ昼間の脳内浮浪
それはまるで天下取った瞬間のショーグンの様 意味不明の言葉を連発
忘れかけていた幻覚
かつ東北地方の特産品を一心不乱に食らいながら
何かの儀式のようなその狂おしき
うごめきの中で俺は 街頭の人々が持つ無表情な不平不満を
理解するのに必死だった
いきり立った キツリツ物を自慢げに一般公開する男性の感性を
俺はこの上なく疑った!!

部屋ではいつも熱唱。素性が分からん男子と朝まで熱唱。
夜の手癖、どいつも同じ。笑っちゃうくらいにどいつも同じ。
部屋ではいつも熱唱。素性が分からん男子と朝まで熱唱。
夜の手癖、どいつも同じ。笑っちゃうくらいにどいつも同じ。

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:お名前(ペンネーム可)必須
性別:
  任意
年齢:
 歳 任意
投稿フレーズ:必須
曲名:必須
歌手名:必須
コメント:必須
歌ネットに一言あれば:任意

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

×