秘密木地

TOUYU

秘密木地

作詞:TOUYU
作曲:TOUYU
発売日:2016/07/06
この曲の表示回数:4,793回

秘密木地
いつの日だろうか
植えられた感情
気付いたらここに根を張っていた

幼気な少年少女
笑っていた
それだけで何故だか満たされた気がした

いろんな話を聞かせてくれた
学校のことやきみたちのこと
水をもらっては大きくなる
それだけでぼくはきみたちと違うんだって

だけど幸せなんだ
いつも決まって夕暮れ時
陽が沈むまでここに居てくれるから

さぁ心を閉ざさないで
歌っても良いんだよ
ここはぼくたちの秘密基地だから
音より、光よりも早く揺らめいて
過ぎ去っていく
今日もまたひとりになる

いつの日だろうか
植えられた感情
気付いたらここに根を張っていた
時間を重ねるにつれて
ふたりが来ることも少なくなってきた

だけど幸せなんだ
いつもが不確かであろうとも
来たときは陽が沈んでも
ここに居てくれたから

さぁ心を閉ざさないで
泣いても良いんだよ
ここはぼくたちの秘密基地だから
音より、光よりも早く揺らめいて
過ぎ去っていく
今日もまたひとりになる

時を重ねるたび
いつしかふたりは来なくなった
此処に佇んでいるだけのぼくに
生きている意味はあるのだろうか

心を開いて
泣いてもいいかな
ぼくは平凡な木に過ぎないけれど
寂しいよ苦しいよ
溢れてくる感情はきっと本当だから

さぁ心を閉ざさないで
泣いても良いんだよ
ここは僕たちの秘密基地だから
あの日のきみたちは大人になって
それでも、ぼくのことを忘れてなかった
そうだここはぼくらの秘密基地だから

幼気な少年少女
笑っていた
あの日のきみたちと同じ顔で
ひとりはちょっと寂しいよねって
小さな命を植えてくれた

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません