試聴する

初恋雪

この曲の表示回数 2,689

売れ残りのクリスマスのケーキ抱えて
僕ら二人バイト先の洋菓子屋を出た
初対面に近い僕に 君はふるさとの
両親と妹のこと 楽しげに話してた
冷たい風が過ぎ はらりとはらりと
降り出した雪を見上げた君の 笑顔からなぜか目を離せなかった ずっと
「東京で見る雪は初めてよ」あどけない声 澄んだ黒い瞳は
きれいだった

折りたたみの傘を 君は差し掛けてくれた
ケーキの箱二つ抱えて 僕は背をかがめた
近すぎる頬に 胸が高鳴って
降り出した雪が止まないように
君の声をそばで聞いてられるように 願った
もう少しだけこのままでいたい そんな想いがいつのまにか心に
降り積もった

君を乗せた路面電車 ホームで見送った
想い出せば 二人はもう 始まっていた
あの日の初雪
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:初恋雪 歌手:神部冬馬

神部冬馬の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2016-07-06
商品番号:BZCS-1135
ベルウッドレコード

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP