試聴する

朝焼け

この曲の表示回数 18,065

冷たい朝焼けにさらわれた
5時半の街灯の下
呟くのさ 君の名前を
いらだっていた 自分のために

眠れない夜は探しにゆくんだ
見付からない心の置き場所
流星の群れ 追いかけ
道も知らずに 走り出した

君がいないと 僕はそんなに強くない
泣き言も言うよ
何もしないでそこにいてくれるだけで
傷も癒えるんだ

数えきれない星を眺めてたら
今夜はひつじも数えられない
つかめそうさ 一番星も
間違ってなんかないんじゃないかなぁ…

風もないのに香るキンモクセイ
音もなく届く君の電波
形のない優しさに
何もできない この両手じゃ

君がいないと 僕はそんなに強くない
何も見えなくて
枯れてしまう 僕の花を咲かせる為に
そこで笑うんだ

君がいないと 僕はそんなに強くない
泣き言も言うよ
何もしないでそこにいてくれるだけで
傷も癒えるんだ

君がいないと 僕はそんなに強くない
何も見えなくて
枯れてしまう 僕の花を咲かせる為に
そこで笑うんだ

君が笑うんだ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:朝焼け 歌手:入野自由

入野自由の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2016/04/06
商品番号:LACM-14467
ランティス

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP