試聴する

廻る、巡る、その核へ

この曲の表示回数 27,047
歌手:

ACIDMAN


作詞:

大木伸夫


作曲:

ACIDMAN


例えば夜空 そう あれは スーパーノヴァ

廻る 与え 許す日を
願う ただ 悠々と

讃えられた日と 不条理な この身を
仰いで 嘆いては 輝ける木々を求め

生まれ変わりの中で
手にした1つの音を
鮮やかに思い出す

目を閉じて

次に出会う日はまた
踊りの輪を描いて
未来を願うのだろう

命の素粒子 そう それは スーパーノヴァ

サールナート あの場所へ
巡る 深い 底へ

風、移動、土、浮上、呼吸、思考、共存
命の巡りと未だ見ぬ木々の下へ

生まれ変わりの中へ
遥かなる音乗せて
因果の船へ帰る

身を越えて

次に出会う日はまた
踊りの輪を描いて
未来を願うのだろう
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:廻る、巡る、その核へ 歌手:ACIDMAN

ACIDMANの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2004/09/15
商品番号:TOCT-25454
EMIミュージック・ジャパン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP