試聴する

降る秋

この曲の表示回数 21,104
歌手:

ACIDMAN


作詞:

大木伸夫


作曲:

ACIDMAN


秋の月の砂 落ちた スローモーションに
通り過ぎた雨の余情に 思いを馳せて
今日も誰かが泣く 透明な生命の所為
同じ星の下 光は果てたか

辿り着くは鉄の冷める音か? 日々を賭けた音か

嘆きの中で 僅かに浮かぶ 絶音の果てに 結晶の息を
月光を超えて 今を受けて

響け! 翳せ! 放たれたエコーと共に
響け! 加速して 突き刺さる秋の夜に

君は知るだろうか? 無情の日々の意を
本能は少しだけ 土を忘れていたんだ

響け! 翳せ! 願わくばエコーと共に
響け! 加速して 突き刺さる秋の夜に
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:降る秋 歌手:ACIDMAN

ACIDMANの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2004/09/15
商品番号:TOCT-25454
EMIミュージック・ジャパン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP