叫び

この曲の表示回数 13,657
歌手:

SHOW-YA


作詞:

安藤芳彦


作曲:

寺田恵子・中村美紀


憎まれ口 叩きつけて
泣いているのを 隠した夜
あやまるのが苦手なのは
生まれつきと あきらめてた
生きて行くのが 楽じゃないのは
子供の頃から知ってる
傷つくほど 傷つくほど
強くなれると信じて
つよがりだけおぼえてく
十八 十九の頃

どんなふうに 逢いされたら
しあわせだと 思えたのか
自分の夢と 誰かの愛に
振り回されて 生きてた
苦しむほど 苦しむほど
自由になれる はずなら
言えずにいた一言を
心が叫び上げる

傷つくほど 傷つくほど
激しくなれる 夜なら
離れるほど 離れるほど
会いたい
悲しいほど 悲しいほど
女になれる 夜なら
淋しさだけ 知りすぎた
私を 抱きしめてよ
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:叫び 歌手:SHOW-YA

SHOW-YAの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

loading

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP