流星

この曲の表示回数 34,061
歌手:

TiA


作詞:

TiA・小林夏海


作曲:

TiA・河野圭


立ち止まった肩に
明日へ向かう風を感じてた
街の灯り星屑みたいに
二人包むけど

「それぞれに違う輝きがある」と
笑う君が 一番眩しく見えるよ

君は流星のように 孤独なツバメのように
夜の闇を切り裂き行けるはず
時計じかけの日々に 流されそうな時は
忘れないで 一人じゃないこと

「自分らしさ」なんて
考えても意味なんてないね
どんな時も君は君だから
ありのままでいて

ポケットの中をカラッポにしても
大事なものは 左の胸に残ってる

夢は流星のように 雨上がりの虹のように
この心に光を連れて来る
迷い続けることが ひとつの答えになるよ
ごまかしたりしないと誓おう

「何が間違っているのだろう?
何が間違っていないのだろう?」
そんな時は空に手を伸ばし
もっと高く両手を広げて
もっともっと高く
きっとそう掴める無限な君の未来

時は流星のように 長く光る尾をひき
瞬く間に駆け抜けて行くから
二度と戻らない今日を 今と向き合う強さを
あきらめたりしないと誓おう
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:流星 歌手:TiA

TiAの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2005-02-23
商品番号:ESCL-2639
エピックレコードジャパン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP