夜更けの酒

この曲の表示回数 2,876
歌手:

二葉百合子


作詞:

横井弘


作曲:

白石十四男


夜更けにひとり 酒を酌(く)む
哀しいくせは 誰のため
忘れる筈の 酒なのに
恋しさだけが なぜつのる

酔えない胸に 浮かぶのは
倖せだった ことばかり
左の指に きざまれた
指輪のあとが またうずく

泣かされながら 耐えながら
歩いた道の 懐しさ
今では泣かす 人もなく
グラスの数が ついふえる

夜明けが近い 盛り場の
ネオンが消える ひとつずつ
消えても残る 想い出に
空(むな)しい酒は いつ果てる
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:夜更けの酒 歌手:二葉百合子

二葉百合子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1994-04-06
商品番号:KICX-328
キングレコード

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP