メトロポリスの片隅で

この曲の表示回数 26,333
歌手:

松任谷由実


作詞:

松任谷由実


作曲:

松任谷由実


さようなら あのひと
ふりきるように 駆けた階段
ひといきれのみ込む 通勤電車
涙ぐむまもなく
ごらん そびえるビルの群れ
悲しくなんかないわ

ときどき胸を刺す夏のかけら
きらめく思い出が痛いけど
私は夢見る SINGLE GIRL

コピーマシンのように
流れて落ちる 日々もいつしか
クリップではさんだ青春になる
私だけのファイル
Planet 私に気がついて
愛の望遠鏡で

あるとき街角で足をとめる
かすかな追い風も ふりかえる
私は夢見る SINGLE GIRL

ときどき胸を刺す夏のかけら
きらめく思い出が痛いけど
私は夢見る SINGLE GIRL

あるとき街角で足をとめる
かすかな追い風も ふりかえる
私は夢見る SINGLE GIRL

私は夢見る SINGLE GIRL
私は夢見る SINGLE GIRL
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:メトロポリスの片隅で 歌手:松任谷由実

松任谷由実の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1999-02-24
商品番号:TOCT-10650
EMI Records Japan

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP