九段の母

この曲の表示回数 27,405
歌手:

二葉百合子


作詞:

石松秋二


作曲:

能代八郎


上野駅から 九段まで
かってしらない じれったさ
杖をたよりに 一日がかり
せがれきたぞや 会いにきた

空をつくよな 大鳥居(おおとりい)
こんな立派な おやしろに
神とまつられ もったいなさよ
母は泣けます うれしさに

両手あわせて ひざまずき
おがむはずみの おねんぶつ
はっと気づいて うろたえました
せがれゆるせよ 田舎もの

鳶が鷹の子 うんだよで
いまじゃ果報が 身にあまる
金鵄勲章(きんしくんしょう)が みせたいばかり
逢いにきたぞや 九段坂
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:九段の母 歌手:二葉百合子

二葉百合子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1993-10-21
商品番号:KICX-6068
キングレコード

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP