タクシードライバー

この曲の表示回数 28,114
歌手:


作詞:

秋田ひろむ


作曲:

秋田ひろむ


ショッピングモール、アウトレット、郊外の黄昏
家族連れ、人いきれ、シャツに聖者の肖像、滲んで
車の牽引ロープを買った伏し目がちな青年
自宅の鴨居にぶら下げて首を括る予定
地方都市と呼ぶのもはばかられる様な町で
地元の友人と未だつるんで、たまには呑んで
息苦しさを感じながらも幸福だとうそぶいて
青い青空が青過ぎてもはや黒で

タクシードライバー 世情を憂いて 溜め息で曇る生活に流行歌

飲み過ぎてくだまいて突っ走る四号線
政治批判でもなんでもいいから話しをして
途方もない真っ黒が喉につっかえて
吐き出したくないもの吐き出してしまいそうなんだ
タクシードライバー 夜の向こうへ連れてって

優先席前に立ち尽くす妊婦がいたので
腹は立ったが結局なんにも言えなくて
サラリーマンが性的倒錯をスマホの画面でまき散らして
世界の気まずさがこの車両に凝固してる
遠い国の爆破テロ、および犯行声明 僕が聞いたのはタクシーのラジオAM
窓から六本木の高層ビルがいけ好かねえ
物質主義が貫通してる、東京の楔として

タクシードライバー トランクを開けてくれ
僕らの荷物、多過ぎて歩けない

流れる都市の景色があまりにもきらびやかで
相対的に僕らの幸福は萎縮して
汗かいて一粒の喜びに明け暮れて そのくせ帰りの道筋だって人任せ

タクシードライバー 夜の向こうへ連れてって

ニュースの紛争、ネットに流れた死体のjpeg
痛みを無視出来るなら人は悪魔にだってなれる
排他主義反対と疎外する人間が居て
暴力反対という暴力には無自覚な奴がいて
不良になる為には、まず良い人間にならなければ
家出する為には、まず家に住まなければ
運転手さん、あなたは出会った中で一番の思想家
生活に根ざした哲学で疾走する思想家

タクシードライバー 窓ガラスを開けてくれ
淀んだ空気 開け放って 夏の風

将来も未来も視界不良の道半ばで けど、不安に人生を明け渡せる訳はねえ
この長いトンネルは一体いつ抜けるんですかね?
どうぞ行ける所まで行ってくれて構わねえ

タクシードライバー 夜の向こうへ連れてって
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:タクシードライバー 歌手:amazarashi

amazarashiの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2016-02-24
商品番号:AICL-3070
SMAR

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP