太陽がいっぱい

この曲の表示回数 2,615

初めて 都会へ 出て来た年の夏
友達に さそわれて 海を見にいった
磯部は 若い 男や女の子達で
何もかもが 眩ぶしすぎた

友達のヨットの上で 友達の彼女が
ヨットよりも白い手で 麦藁帽子を
海にむけて涼しげに 振っていたけど
俺にもやさしいひとが欲しかっただけさ
その日の 海は 青く深く澄んでいたけど
俺のナイフは 海の底に沈んでいた

友達の彼女とふたりだけで泳いだ日
砂浜の上でくちづけをした

昼下りの磯辺は 風と波と砂とばかりで
ふたりが離れたら 海猫が 泣いていた
彼女は微笑むけど 何んだか口惜しくなって
口びるを噛みしめて ぬぐっても ぬぐっても
ナイフで裏切った 傷口が赤すぎた
俺にも やさしいひとが欲しかっただけさ

その日の 空は 白く高くぬけていたけど
俺のナイフは 海の底に錆びていただろうか
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:太陽がいっぱい 歌手:あがた森魚

あがた森魚の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1994-09-23
商品番号:TKCA-70486
徳間ジャパンコミュニケーションズ

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP