季節の子供

この曲の表示回数 7,920

顔を上げて見渡せば
季節が変わる匂いがした
金色の塵が頬をかすめる
思い出すのはなに

まんまるい目をした
跳ねる影ひとつ
ふきのとう芽が出たのを見つけて
声を上げた

あれからいくつの夢をなくした
ここは安全だよ
帰っておいで

ひとはもう変われないというなら
ぼくはまだここにいるよ
春がきて 花が降れば みるまに
季節の子供は溢れだした

冬を経た木々が空へ突き刺さっている
街中歩きまわれば誰かひとりにでもあえるかな

もう悲鳴のような
遠くの大きな機械の音は聴こえない

オレンジとレモンとリンゴの木
風が吹いてベルが鳴る
足を一斉に踏み鳴らす
お祭りの日

ひとはもう変われないというなら
ぼくはまだここにいるよ
春がきて 花が降れば みるまに
季節の子供が溢れだして
きみを笑う
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:季節の子供 歌手:People In The Box

People In The Boxの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2015/09/02
商品番号:CRCP-40428
日本クラウン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP