ひと雫

この曲の表示回数 8,326
歌手:

ORANGE RANGE


作詞:

ORANGE RANGE


作曲:

ORANGE RANGE


『なぜ澄みきっているの
眩しい笑顔にとぎれとぎれの声で今日も問いかける
聞こえているの 近くにいるの
放物線描きながら雨上がりを待っている

ポツポツ 音がやんで
ポツポツ ざわめいてる
本当の優しさ気づけるかな

そっと

ひと雫満ちていく
脈打つ日々重ねて
遠く見え隠れ 心模様
僕はそれでもゆくよ

淡い吐息 いつもとなりあわせ
心がきしんで届かないの
君のもとへ

ひと雫受けとめて
笑みに変えてゆけたら
ゆらゆら 人の世はうつりゆく
僕とそれでもゆこう』

届くあてのない手紙を
ひとりなぞってる
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ひと雫 歌手:ORANGE RANGE

ORANGE RANGEの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2015/08/26
商品番号:VICL-64409
ビクターエンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP