試聴する

一途に想うということ

この曲の表示回数 2,066
歌手:

ほたる日和


作詞:

早川厚史


作曲:

早川厚史


出会った頃のような ときめきの気持ちはもうない
それと引き換えにして 手に入れたものは何だろう
好きとか嫌いとか 繰り返しているうちに
色んなものが見えなくなって 色んなものが見えるようになって

ふたりで歩いてきた道のりを振り返る時
一つ一つの足跡の意味について考えさせられるよ
そして君のことが どれほど好きだったかってことに
あらためて気付くことになる

決められた定義なんてないから 不安にもなったりするけど
対話を重ね 見つめ合うことで ふたりだけの答えを見つけてゆく

この道の先に 何があっても不思議じゃない
大切なのは いつも傍にいて 一途に想うということ

愛は赤子みたいなものだから ぐずったり 駄々こねたりする
上手くあやして 時に嗜めて 形なきその姿と向き合ってゆく

全てを信じるにはあまりにも不十分な世界で
君の笑顔は 稀有なる光 僕を照らしてくれる
この道の先も どんな時も 一緒にいよう
恥ずかしいから 言葉の代わりに 君の手を引っ張ってみた
そしてそのまま 強く抱きしめてみた
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:一途に想うということ 歌手:ほたる日和

ほたる日和の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2010-02-17
商品番号:KNCA-10003
PCI MUSIC

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP