試聴する

UNDER THE FOGGY MOON

この曲の表示回数 2,267
歌手:

THE GROOVERS


作詞:

藤井一彦


作曲:

藤井一彦


騒ぎ足りない調子者たちを 真夜中の霧が窘める
街で一番怪しげな路地裏にも 今日はスリルの気配もない
この先にゴールドラッシュなどなく ほんの小さな願いも
とても叶いそうにないことに 誰もが気付きはじめた

街はもう 夜が明けそう
もう眠ろう 浮かれすぎた魂を横たえ

目が覚めたら何か軌跡でも 起こっていてくれれば
淡い期待を胸にしまい 目を閉じる

くすぶった欲望は所在なげに 翌日に持ち越される
留守がちな神はいったい何の権限で 俺たちを弄ぶ
何ひとつ悔いの無い生き方などと 自称アウトサイダーが嘯く
後悔のひとつもしたことのない奴に 一体何がわかる

街はもう 夜が明けそう
もう眠ろう 疲れきった魂を横たえ

目が覚めたら何か革命でも 起こっていてくれれば
淡い期待を胸にしまい 目を閉じる

目が覚めたら何か軌跡でも 起こっていてくれれば
目が覚めたら今日のことすべてが 夢であってくれれば
淡い期待を胸にしまい
甘い記憶をまた呼び出し 目を閉じる
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:UNDER THE FOGGY MOON 歌手:THE GROOVERS

THE GROOVERSの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2015-07-22
商品番号:XBCD-1047
SPACE SHOWER MUSIC

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP