砂の迷路

この曲の表示回数 7,538
歌手:

寺尾聰


作詞:

有川正沙子


作曲:

寺尾聰


紫色した 朝陽の前の静けさ
窓が切りとる夜明けの街並に
昨日までの疲れを 投げかける

何も言わず 瞼閉じて 風を聴いてる
時はまるで 砂の迷路 徘徊(さまよ)う俺さ

梢のざわめき 光のかけら踊って
ペンを走らす 誰かのまなざしに
懐しい人達が 甦る

何も言わず 瞼閉じて 風を聴いてる
時はまるで 砂の迷路 徘徊う俺さ

遠くで響いた 汽笛が誘う面影
愛することは いつでも幻で
傷をかわすことだけ 上手くなる

何も言わず 瞼閉じて 風を聴いてる
時はまるで 砂の迷路 徘徊う俺さ

帳帷(とばり)が降りれば 微かな星を求めて
行けるとこまで行くのが 希(のぞ)みでも
ゆっくりと 軽ろやかに歩きたい

何も言わず 瞼閉じて 風を聴いてる
時はまるで 砂の迷路 徘徊う俺さ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:砂の迷路 歌手:寺尾聰

寺尾聰の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1998-05-13
商品番号:TOCT-10280
EMIミュージック・ジャパン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP