面影酒場

この曲の表示回数 6,976
歌手:

Nobby


作詞:

仙孝緒


作曲:

岩上峰山


酒が教えた 夢なのか
酒が壊(こわ)した 恋なのか
何でこんなに 苦しめる
グラスの中に 潤(うる)む顔
何でお前は 出て行った
酒と呟(つぶや)く 面影酒場

隣どうしで 居た縁(えん)で
夢の続きが 始まって
共に暮らした 幾月(いくつき)か
酒場の明かり ぼやけてる
何でお前は 嘘ついた
酒と呟く 面影酒場

君が造った 花飾り
店の戸棚に 置いてある
赤い花びら 揺ら揺らと
心の中に 廻(めぐ)り来る
何でお前は 深(ふか)情け
酒と呟く 面影酒場
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:面影酒場 歌手:Nobby

Nobbyの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2015-03-04
商品番号:CRCN-20399
日本クラウン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP