越後湯沢駅

この曲の表示回数 23,049
歌手:

香田晋


作詞:

木下龍太郎


作曲:

南郷孝


いつか暦は 春なのに
桜隠しの 雪降りしきる
私も人恋う 女なら
駒子のつらさが 身に沁みますわ…
あなたを送りに 来たものを
心は止めたい 越後湯沢駅

冬が厳しい 雪国は
女ひとりにゃ なおさら寒い
支えを失くして これからは
どうして生きれば いいのでしょうか
人目がなければ その胸に
すがって泣きたい 越後湯沢駅

女ごころは 冬もどり
夏が来たとて 根雪は残る
あなたにふたたび 逢える日を
駒子のつもりで 待ちわびますわ…
二人を遠くへ 引き離す
列車はもうすぐ 越後湯沢駅
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:越後湯沢駅 歌手:香田晋

香田晋の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2009-09-09
商品番号:KICX-3731
キングレコード

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP