試聴する

The Love from a Dead Orchestra

この曲の表示回数 3,847
歌手:

Versailles


作詞:

KAMIJO


作曲:

KAMIJO


黒い海 なぞる風の遠吠え その狭間で
薔薇に変えた記憶を今辿り始めた

獣達が絵画の中傷つけ合う
闇に記憶さえ渡して

時代はなぜこんなに立ち止まる事を拒み
人を醜く変えてくのか?
青き静寂へと変わりゆくその旋律
消えてしまうがいい

脈絡から 疎外された...
幻惑から思惑へと
文節では区切られない
史実が描かれ

青き静寂へと変わりゆくその指先
人は孤独を胸に刺して
薔薇を見つめながら流れゆく死の旋律
Ah...堕ちてしまうがいい

消えてゆけ 燃えてゆけ 醜い私よ
いくら殺しても甦る屍
この想い 届くなら 全てを消し去り
汚れなき薔薇のようにただ咲いていたい

雲の中を突き抜け行く...

死神が今生まれる

消えてゆけ 燃えてゆけ 醜い私よ
いくら殺しても甦る屍
この想い 届くなら 全てを消し去り
汚れなき薔薇のように咲いていたい

消えてゆけ 燃えてゆけ 醜い私よ
汚れなき薔薇のようにただ咲いていたい
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:The Love from a Dead Orchestra 歌手:Versailles

Versaillesの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

loading

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP