長篇歌謡浪曲 恋の松井須磨子

天津羽衣

長篇歌謡浪曲 恋の松井須磨子

作詞:門井八郎
作曲:久慈ひろし
発売日:2000/08/23
この曲の表示回数:5,193回

長篇歌謡浪曲 恋の松井須磨子
女盛りの 柔肌に
たぎり血汐を 何としょう
義理も人情も 恋には勝てぬ
それが誠の 恋の道

「妾は舞台に生きる女優です。妾は見せてやりたい。
妾と先生の恋愛が、どんなに素晴らしいものか、
世間の人たちの目に見せてやりたい。いいえ。
先生の奥さんに見せつけてやりたいんです」
「ああ、君という人は困った人だ。だがこれだけの情熱を
舞台ばかりでなく、現実でも人目を怖れず、偽わらず
に演じることの出来る君は、矢っ張り、わが芸術座を
背負って立つ大女優だ。私は君に負けた。性格の弱い、
実行力のにぶい私が、はげしい君の灼熱の情火に
負けてしまったのだ」

戸山ヶ原の 中空に
仰げば哀し 十日月
ああこの恋に あれくるう
ああこの恋に ほとばしる
渕に瀬もあれ 抱月は
須磨子をぐっと 抱き寄せる
燃える情火は 草を焼き
しばし声なし 天も地も
あるは悲しい 虫の声

回り舞台の 雪に泣く
あわれ須磨子よ カチューシャよ
人のさだめは 恋ゆえ変わる
浮世ドラマの 恋無情

「先生死なないで、死なないでー。
わたし一人をおいて、なぜ死んでしまったのです」
舞台の台詞そのままの、身も世もあらぬ絶叫慟哭は、
月にこだまし、月もまた泣いた。
「先生、妾も参ります。若しもあの世に三途の川が
あるならば、待ってて下さい渡らずに。
せめてやさしい先生の、背に負われて渡りたい」

生きて骸(むくろ)に なるよりは
死んで咲かそう 恋の花
蓮のうてなの あの世とやらで
共に行きましょ いつまでも

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

この曲のフレーズを投稿する

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

リアルタイムランキング更新:AM 9:30

  1. これが愛と言えるように

    野口五郎

  2. 北の宿から

    都はるみ

  3. うっせぇわ

    Ado

  4. 夜のピエロ

    Ado

  5. 夜に駆ける

    YOASOBI

MORE

歌ネットのアクセス数を元に作成