居酒屋「みなと」

この曲の表示回数 18,549
歌手:

竹川美子


作詞:

原文彦


作曲:

叶弦大


入り船みたいにさ 人が来て
出船にどこか似た 人が往(ゆ)く
まるで港の ような店
あなたという名の さすらい船を
きょうも待ってる かもめがいます
酔って候 居酒屋「みなと」

せめても一晩さ この膝に
碇(いかり)を降ろしては くれまいか
それが言えない 初(うぶ)な恋
演歌がこぼれる 路地裏あかり
きょうも拗(す)ねてる かもめがいます
酔って候 居酒屋「みなと」

寂しい瞳(め)をしてさ 飲んでたら
想いを察しては くれますか
胸に木枯らし 抱いてます
一度の思い出 愛(いと)しみながら
きょうも泣いてる かもめがいます
酔って候 居酒屋「みなと」
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:居酒屋「みなと」 歌手:竹川美子

竹川美子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2015-06-03
商品番号:CRCN-1877
日本クラウン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP