この曲の表示回数 5,444
歌手:

LACCO TOWER


作詞:

LACCO TOWER


作曲:

LACCO TOWER


別れはじめてく道の上で
雨にも風にも雪にも負けず
共に泣き 友と呼び合い
忘れえぬ日々 心に閉じ

さよなら さよなら
何かが 僕を埋めても
忘れない 忘れない
さよなら

違うモノを追うまでの場面で
笑い はしゃぎあい 時計は回り
知らぬ間に 手足も伸びて
いつしか僕の今現在は薄れていくのか
消えていくのか

もし辛いなら 辛いなら
たまには この日々を
思って 暮らせば
口ほど 強くないから

車窓に写る
濡れた手紙は
僕の涙が
落ちたから

今にそっと背を向けて足を踏み出す
時に君は僕の雨に 心濡らした
いつかきっと僕らもっと誇れる時は
時に僕は君の傘に道を守ろう

さよなら さよなら
全ては 変わるけど
さよなら 時経てど
僕は 忘れない

さよなら
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:雨 歌手:LACCO TOWER

LACCO TOWERの新着情報

  • 若葉 / ♪せめて今だけ泣かないでよ
  • 蜜柑 / ♪ばらばらに砕け散り
  • 薄荷飴 / ♪神楽坂南外の堀ギリギリの
  • 最果 / ♪窓を開ければ鉄の香り
  • 狂喜乱舞 / ♪場口々やいやい痛み

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

loading

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP