太陽のバレリーナ

この曲の表示回数 2,876
歌手:

高橋由美子


作詞:

秋元康


作曲:

後藤次利


真夏の海は
ありふれたステージ
白い砂浜に
恋のレプリカ

マチネの波に
打ち上げられたのは
人魚ではなくて
ただのリグレット

大きなTシャツ
被っていたのに
首すじあたりが
灼けるように
気づかない
忘れもの

太陽のバレリーナ
右手を翳せば
太陽のバレリーナ
記憶の彼方に
キラキラと
照り返す
悲しいダンス・ダンス・ダンス

陽射しの束は
しなやかな指先
シュロの葉を揺らす
風のささやき

あの日と同じ
2人の海に来て
遠く見てたのは
肩の淋しさ

あんなに誰かを
愛せはしないと
今さらわかって
膝を抱いて
夏なのに
落ち込むわ

黄昏のバレリーナ
瞳を閉じても
黄昏のバレリーナ
心は踊るよ
美しい
その痛み
孤独なダンス・ダンス・ダンス

太陽のバレリーナ
右手を翳せば
太陽のバレリーナ
記憶の彼方に
キラキラと
照り返す
悲しいダンス・ダンス・ダンス
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:太陽のバレリーナ 歌手:高橋由美子

高橋由美子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1992/07/22
商品番号:VICL-323
ビクターエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP