試聴する

みれん恋唄

この曲の表示回数 4,258
歌手:

若山かずさ


作詞:

坂口照幸


作曲:

幸斉修也


どんなに待っても 波止場には
いつも他人の 入船出航
分っていたのよ 初めから
帰ると云った あなたの嘘も
みれん 汐鳴り 女の港

ひとりが気楽で いいなんて
あれは女の 口惜しさなのに
あなたも返して 欲しかった
怨みの一つ 憎まれ口を
みれん 盃 女の港

男と女が 切れること
ざらにあっても 私にゃいのち
戻っておくれよ もう一度
人恋しさに 降り出すしぐれ
みれん 残り灯 女の港
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:みれん恋唄 歌手:若山かずさ

若山かずさの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

loading

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP