恋ざんげ

伍代夏子

恋ざんげ

作詞:吉岡治
作曲:猪俣公章
発売日:1998/10/31
この曲の表示回数:30,982回

恋ざんげ
あれは七月 蝉しぐれ
瀬音したたる いで湯宿
ふたり渡った あの橋は
女と男の 紅(あか)い橋
あゝシュルル シュルル シュルル
明かりをつけても 暗すぎる
あゝシュルル シュルル シュルル
淋しさばかりが 群(むら)がって
夜更けのテレビは 蝉しぐれ

いまは三月 風の笛
みぞれ窓うつ 港宿
砂に埋(うも)れた あの難破船(ふね)は
思い出ばかりの 恋ざんげ
あゝシュルル シュルル シュルル
春だというのに 寒すぎる
あゝシュルル シュルル シュルル
海峡こぎだす 櫂(かい)もなく
夜更けのテレビに 雪が舞う

あゝシュルル シュルル シュルル
手酌のお酒は 酔いすぎる
あゝシュルル シュルル シュルル
帯とく音さえ せつなくて
夜更けに泣いてる 恋ざんげ

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません