さびしいと いま

この曲の表示回数 5,595
歌手:

高田渡


作詞:

石原吉郎


作曲:

高田渡


さびしいと いま
いったろう ひげだらけの
その土塀にぴったり
おしつけた その背の
その すぐうしろで
さびしいと いまいったろう

そこだけが けものの
腹のようにあたたかく
手ばなしの影ばかりが
せつなくおりかさなって
いるあたりで

背なかあわせの 奇妙な
にくしみのあいだで
たしかに さびしいと
いったやつがいて
たしかにそれを聞いた
やつがいるのだ

いった口と
聞いた耳とのあいだで
おもいもかけぬ
フタがもちあがり
冗談のように あつい湯が
ふきこぼれる

あわててとびのくのは
土塀やオレの勝手だが
たしかに さびしいと いったやつがいて
たしかに さびしいと いったやつがいて

たしかにそれを
聞いたやつがいる以上
あのしいの木も とちの木も
日ぐれも みずうみも
そっくりオレのものだ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:さびしいと いま 歌手:高田渡

高田渡の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

loading

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP