試聴する

銀色のジェット

この曲の表示回数 11,133
歌手:

大滝詠一


作詞:

松本隆


作曲:

大瀧詠一


滑走路から離陸してく
銀色の機影
迷ってた君の答えを乗せて
翔び立つ

違う女性になりきれずに
そう 本当の
自分さえ見失った

羽撃くのを止めれば墜ちること
青空舞う鳥さえ識ってるさ
君だけが知らなかったね

愛され過ぎてたから愛せない
今ではそんな君も哀しいよ

君が捨てたこの都会で
生き続けるよ
失うものなど もうこれ以上
無いから

いつの日か君のように
逃げるかもしれないけど

雲間に……消えてく
翼を……見送る
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:銀色のジェット 歌手:大滝詠一

大滝詠一の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1991-03-21
商品番号:CSCL-1664
ソニー・ミュージックレコーズ

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP