試聴する

Paining Rain (Tunnels Version)

この曲の表示回数 2,698
歌手:

野猿


作詞:

秋元康


作曲:

後藤次利


いつのまにか降り出したね
夜の街に紗がかかる
2人が一緒に濡れる 最後の雨さ
きっと 腕のなかで………

こんな時に言葉なんてむなしいだけ
無力だね
明日はやって来るのに おまえは
もういない

Rain 濡れながら Never, Never, stop again!
この悲しみが消えるまで
Rain その頬の涙のように
愛のすべてが消えるまで
女1人を守れなかった
俺の愚かなエゴなのさ
この胸の中で Be with you

あとどれくらい 降るのだろう?
アスファルトが泣いてるよ
あの日のキスさえ今は 遠い幻さ

Rain 止(や)まないで Never, Never, stop again!
恋の微熱が冷めるまで
Rain いつの日か 思い出すだろう
この切なさと今日の雨
通り過ぎてくヘッドライトが
俺の心を照らし出す
いつまでも ずっと Be with you.

濡れた躰を抱きしめながら
せめて もう少し ここで miss you

Rain 濡れながら Never, Never, stop again!
この悲しみが消えるまで
Rain その頬の涙のように
愛のすべてが消えるまで
女1人を守れなかった
俺の愚かなエゴなのさ
この胸の中で Be with you
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:Paining Rain (Tunnels Version) 歌手:野猿

野猿の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2000-03-01
商品番号:AVCD-11772
エイベックス・トラックス

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP