試聴する

運命の人

この曲の表示回数 19,178

昨日撮った君の写真が 懐かしく思えた
あんなにも楽しかった 日々は泡沫のこと

例えば君は今何を見て 何を感じてるのだろう
そんなこと考えて 変に真顔になった

思い出ばかりが やたら口をつくこの頃
何もないよりはマシかと 前向きに捉えている

今空は晴れて 光が射して 小鳥が囀ってる
余所余所しい その景色が 少しリアルに見えた
季節が過ぎて 年を重ね 何もかも変わっても
運命の人だと 勝手に思っている

周りの仲間は きっと笑うだろうけど
愛を育むとは何かを 今さら考えてる

何故人は生まれ 無駄に傷つき それでも生きてゆくの
そう言って凹む君の 手元をただ見ていた
今日という日がどんな日か よく分からないけれど
旅立ちの時だと 何気に信じている

季節が過ぎて 年を重ね 何もかも変わってしまっても
運命の人だと 勝手に思っている

運命の人だと 本気で思っている
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:運命の人 歌手:森山直太朗

森山直太朗の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2014-11-19
商品番号:UPCH-20372
ユニバーサル ミュージック

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP