試聴する

君の料理(レシピNo.2027)

この曲の表示回数 6,672
歌手:

The Mirraz


作詞:

畠山承平


作曲:

畠山承平


君の料理は丁度 僕の味覚に合うように
濃い目でパンチが効いていて そして薬味の一手間が
絶妙で 例えば朝のみそ汁はちょっとしょっぱいくらいの方が
食欲をそそるというわけで
野菜は大きめでということで 素材の味を生かすのが上手
決めては愛情という名のソース
なんちゃって 2人で食べるから美味しいんだよねとか言っちゃって
お気に入りはナスの素揚げかな
カイマン餃子も捨てがたいよな どれもこれも毎日食べたいや
だけど 何も そんな 食えないや
鳥の唐揚げも 絶品だ 甘辛のもにんにく醤油も甘酢だれも
ケンタッキーの謎のスパイス
なんか目じゃなくなってて
流行の彼ごはん的なシャレた料理とは無縁だけれど
家に帰りたくなる味で 僕はもう外食出来きない身体さ

君の その両手は僕が生きるための 僕の身体を創る料理が作れるのに
誰かのその両手は僕を殺すための武器も作れる
なんなら直接殺す事も出来る
何十年もそうなんだろ 何百年もそうなんだろ 何千年もそうなんだろ
これからもずっとそうなんだ
僕は僕の手でギターを弾いて 僕は僕の声で下手だけど 歌えるから
君に愛をどうにかこうにか
うまく伝えるよ 僕はいつも過去にとらわれてばかりで
君はいつも未来の話ばかりで
足したら丁度「今」になるのかもね レシピがあれば曖昧にそこは「適量」
君の料理はどんな人生のシチューエーションにだって
うまく対応しちゃうんだね 例えば僕がつまらない
ことを気にして喧嘩した後だって変わらずに美味いから
ついつい笑ってしまうんだ 君の手のひら
の上で踊らされてる様な気がするんだ
僕のこの両手が何も掴めずに何も握れずに拳になる前に
何かを掴むんだ 暗闇で
見えなくても
それが銃やナイフや核兵器のコントローラーでないことを祈る
何回でもそうやるんだよ 何十回もそうやるんだよ
何百回もそうやるんだよ これからもずっとそうやるんだ
僕は僕の手で君を掴んで 僕の僕の声は一つだけ日本語だけど
君に愛をどうにかこうにかうまく
伝えるよ 毎日がインスタントヌードル ありふれている愛を食う
スパークリングワインなんてOh!MyGod!
形振り構わないで食う
毎日はインタールードになりきれないよ 死んだ方がマシ
アイドリングだってきっとグー けど形振り構わないで進む
僕のこの両手が君を満たしても 君のその両手が僕を満たしても
互いになんとなくね その次を求めてる
ブラックホールみたいに消化して 永遠に
何もかも抱いて何もかも泣いて 何もかもを掴もうとしてしまって
何もかもなんてないのになんでかな?
手にしたって 満たされない なんて 身勝手なんだろう
エジソンだって知らない ヴァスコ・ダ・ガマも知らない
ハン・ソロだって知らない 誰にも知る事は出来ない
僕は僕の手でギターを弾いて 僕は僕の声で歌うしかない
単調だけど 君に 愛を どうにかこうにか うまく伝えるよ
僕のこの両手で持てるだけ持って 君のその両手で持てるだけ持って
疲れちゃったら 僕が代わりに持つよ
だから君はちょっと今日の晩飯何にするか考えといてよ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:君の料理(レシピNo.2027) 歌手:The Mirraz

The Mirrazの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2010-09-08
商品番号:ZMUFF-2009
mini muff records

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP