試聴する

SECRET HANGAR

この曲の表示回数 3,126
歌手:

D


作詞:

ASAGI


作曲:

Ruiza


人影のない鋼の殿舎
技巧に偽装されたテクノロジー
残響する足音 立ち止まる

光の幻影が僕を差し招く
白蜥蜴は跪き「我が王よ」と嘯(うそぶ)く

王家の血を色濃く受け継いだ僕に統治しろと言うのか?
「人でも血族でもない彼は新王には相応しくない」そう仄めかした

喝采を送ろう 僕のこの手で
愛する家族を消すくらいなら
自ら心の臓に杭を打つ

決裂と同時に取り囲む障壁
高エネルギー 人工の太陽が僕を焼き尽くすのか

完全に見えても必ずや死角は存在するはず
ひとつも曇りがないのは王が信じた神だけだと
今はそう思えるから さあ 槍を手にし細瑕(さいか)を突け
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:SECRET HANGAR 歌手:D

Dの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2014-11-12
商品番号:VUCJ-60002
ビクターエンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP