りんご

この曲の表示回数 6,978
歌手:

Pigeon's Milk


作詞:

工藤もも


作曲:

三上宗一郎


寒さのこる晩春 白き5枚の花びら
一面に咲いている あの場所で

ゆるやかな街並 どこまでも広がるような
走る列車の窓から眺めている

風が吹いて 花が舞って
あなたをまた 思い出して涙こぼれた
この場所へ たどり着いてた

目を開ければ あなたがいて
私をまた 抱きしめて 涙こぼれた
2人 たたずんでいた

あの日追いかけるあなたに
さよなら 一言だけ残し
引きとめる言葉 差しのべた手のひら
なぜふりほどいた

秋になると たわわな赤い
りんごがまた 実るから帰っておいで
この場所で いつも待っている

少しやせた あなたの手をにぎりしめて
元気でと ふるえた声で
背中をおされてた

La La La La La
La La La La La
La La La La La
La La La La La
La La La La La
La La La La La
La La La
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:りんご 歌手:Pigeon's Milk

Pigeon's Milkの新着情報

  • 新着歌詞がありません

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

loading

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP