唾を吐け

この曲の表示回数 2,491

飴玉を目の前に出されいらないと
手をはらえば塀の外へと出されたよ
ギリギリの崖のふちに立ち見た世界
暗すぎて見えないけどとび降りた

上手な愛想で暖かな
毛布くすねた奴ばかり
本当の自由は思うより
残酷で哀しい

凍える覚悟がないのなら
黙って待てばいい
誰かが差し出す飴玉を
くわえていい子にしてりゃいいさ Baby

窮屈な電車に揺られて眠ってた
行き先はしらけた奴らの墓場だね
ガタガタとしまる扉へと手を振って
臆病な頃の夢見送った

苦い記憶を飲みほして
はき続けた朝が来ても
酒場で誰かがつぶやいた
身体で感じなと

ザラつく飢えさえ知らないで
優しくなれない
覚えたたやすい生き方を
二度とは出来ないあきらめなよ Baby

凍える覚悟がないのなら
黙って待てばいい
誰かが差し出す飴玉を
くわえていい子にしてりゃいい

ザラつく飢えさえ知らないで
優しくなれない
覚えたたやすい生き方に
きれいな笑顔で唾を吐け
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:唾を吐け 歌手:寺田恵子

寺田恵子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1994-04-21
商品番号:BVCR-661
BMGビクター

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る