一色

この曲の表示回数 5,575

今日までの季節がひとつだけだったかの様に
暖かさも暑さも涼しさも寒さも今初めて四季感じて

春の門出 夏の浜辺 秋の楓 年明けて初日の出
ひとりで見つめてるうちにこの指やこの胸は

千切れそうに凍り付いてこんなに冷たくて
寂しい季節で初めて冬の匂いがする気がした

どこまでも広がるこの空を仰ぐように
心を広く大きく持てたらいいのにな 途切れない虹を渡して

いつの日でもどんな時も
優しく穏やかな両手で包んで抱きしめたいのに
素直に慣れやしない

地球(ほし)を覆う広い海は空色と溶けあい
澄んだ心を映した波に蒼の深さを知った

何もかもが四季とともに
鮮やかな時間(とき)は過ぎてゆく
ずっと華やかな時代感じて彩りを増しながら

いつの日にか描いていた派手な夢のように
未来は消えない
思い出が今も何よりも恋しくて

千切れそうに凍り付いてこんなに冷たくて
寂しい季節で初めて冬の匂いがする気がした

冬の匂いがする気がした…
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:一色 歌手:ONE☆DRAFT

ONE☆DRAFTの新着情報

  • 自分時代 / ♪イイ加減にしろこのクソったれ
  • 月の陽射し / ♪どんな時でも笑い飛ばした
  • HERO / ♪投げれば三球三振
  • Believe / ♪朝を見上げながら
  • better days / ♪もう知るかお前なんて

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

loading

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP