GOLD LYLIC 

TRAIN

この曲の表示回数 167,237
歌手:

ONE☆DRAFT


作詞:

LANCE・RYO


作曲:

LANCE・RYO


次の一言で 最後だから涙…
言えなくて君は 窓から手も振らずに
動く唇が サヨナラ…って
本当に終わりなんて 次会う約束もなくて
最後なのに不機嫌な顔で別れた事に
今、気付くなんて…
北を目指し間違いはないと
繋いだ手を離さないように
歩いて来たけど…気付かぬ間に
南の道を選んだあなた
大粒の涙 足跡を残すように…

どこまでも バカでした
誰よりも 好きでした
ねえ僕は、君の何処かで生きてますか?
逢いたくて… 逢いたくて…
会えなくても… 逢いたくて…
君への旅を終らせてよ…

春は桜を見て 夏は海で過ごした
秋は優しくて風も香る 冬はより二人の距離も狭く
ありきたりの場所 ありきたりのデートして
ありきたりに End…
当たり前が幸せすぎたから
当たり前には離れられない

東に昇る恋は二人の
肩をそっと抱き寄せてくれた
いつまでもずっと…変わらずに
西へと終わり告げるように
オレンジ色の愛
ゆっくりと失って行く

どこまでも バカでした
誰よりも 好きでした
ねえ僕は、君の何処かで生きてますか?
逢いたくて… 逢いたくて…
会えなくても… 逢いたくて…
君への旅を終らせてよ…

話せばいつも 分かり合う二人だった
ただ、言葉足らずが絶えず、、、
また、お互いに違った方向へ、、、
っで、もう無条件で my way
進む列車は無情で、、、
手も届かねぇよ バカみてぇ、、、
途中下車すりゃ思い出たちばっか、、、
置き去りのリング 眺めまた sing alone
I ganna go 今まで「ホントニアリガト」

ちぎれた恋の線路道 切なく途切れて
あの笑顔も 泣き顔も 未だに乗せて運ぶ…

どこまでも バカでした
誰よりも 好きでした
ねえ僕は、君の何処かで生きてますか?
逢いたくて… 逢いたくて…
会えなくても… 逢いたくて…
君への旅を終らせてよ…

擦れない恋のまま 変わらない愛のまま
僕は今 この列車から 降りれなくて
逢いたくて… 逢いたくて…
会えなくても… 逢いたくて…
忘れられない 旅が続く…
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:TRAIN 歌手:ONE☆DRAFT

ONE☆DRAFTの新着情報

  • 自分時代 / ♪イイ加減にしろこのクソったれ
  • 月の陽射し / ♪どんな時でも笑い飛ばした
  • HERO / ♪投げれば三球三振
  • Believe / ♪朝を見上げながら
  • better days / ♪もう知るかお前なんて

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2010-03-31
商品番号:AICL-2101
SMA

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP