試聴する

Colorful

この曲の表示回数 6,698
歌手:

PAGE


作詞:

PAGE


作曲:

PAGE


災難続きのこの頃 悲しみと眠るまるで泥のよう
またゴロゴロ家で Mayday いる喉元ってか そんな気持ちは元々無い
「そろそろ羽のばす」その決意も怖くてあても無く
いつもの居場所で Antithese を初めて感じてさ

汚い最低な笑みを浮かべていつも通り咲いていた
僕は苛立ち Up and Down した感情 抑えられず焦り出す
いつかあの空がコッチを向いてくれるなら 僕は声っていう絵を描くから
まだ見守って 拝啓、誰かさんへ「僕は生きていますよ」

偽る悲しみを海に投げ
あの約束されたはずの未来を睨んだ (気づかれないように)
居座る見栄を捨て駆け出した時に見た空は
いつもよりキレイに見えた

教室絡まる十人十色 くすむ存在 無理 酔いそう
浮かない顔も声も囚人っぽいの とちる執心ポイント
弱音の嘔吐 無駄な理想を今日も想像し強調し
少々贅沢な理想郷を駆る (はたまた末期症状になる)

無愛想かな 見つめた 秘密めいた1番深いとこ
自ら分かって後悔するから溜まるの 心の老廃物
いろんなものが透明じゃなくて色がついている
普通の生活も簡単に置けない隅 知らずに生きている 負ってない罪よ

偽る悲しみを海に投げ
あの約束されたはずの未来を睨んだ (気づかれないように)
居座る見栄を捨て駆け出した時に見た空は
いつもよりキレイに見えた

(まるで) 世界の悲しみを一人で受け止めているよう
(隠せぬ) ホントの気持ち「死にたい」を朝はコーヒーで流し込む
(まるで) そこから夢が落ちてくような 穴の開いたポケット
(明日へ) の切符を落として僕は未だに手探りで歩いている

偽る悲しみを海に投げ
あの約束されたはずの未来を睨んだ (気づかれないように)
居座る見栄を捨て駆け出した時に見た空は
いつもよりキレイに見えた

偽る悲しみを海に投げ
あの約束されたはずの未来を睨んだ (気づかれないように)
居座る見栄を捨て駆け出した時に見た空は
いつもよりキレイに見えた
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:Colorful 歌手:PAGE

PAGEの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

loading

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP