大鴉~故郷偲んで~

この曲の表示回数 45,021
歌手:

細川たかし


作詞:

小島遊鴉美


作曲:

弦哲也


秋の夜々 月は一夜でまるくなる
はらはらりと 大鴉の啼く声が
花梨の三味線 一の絃

冬の夜々 しんしんと雪はおりてくる
故郷偲んで じょんから詠う頃
亡き母の手紙を 懐に
涙 津軽 北海望んで 夜は明ける

春のあけぼの 月はゆるりと欠けてゆく
きりきりりと 赤子の泣く声が
鉄刀木の音 三の絃

夏のあけぼの ゆるゆると雲は流れゆく
故郷かえりて 蝦夷富士ながめれば
亡き母の形見を 懐に
涙 津軽 北海思いて 陽は落ちる
icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:大鴉~故郷偲んで~ 歌手:細川たかし

細川たかしの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2003-02-19
商品番号:CODA-2092
日本コロムビア

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP