試聴する

秋風

この曲の表示回数 12,782
歌手:

Kiroro


作詞:

Kiroro


作曲:

Kiroro


秋の風と一緒に 私の嫌いな冬の足音が近づいてくる
なぜか切ない気持ちで憂鬱になるから 冬なんかこないでって願った

あなたに出会えて 少し強くなれた
痛みだす胸に魔法をかけて下さい

本気で愛したあなただから きっと
忘れるなんてできないでしょう
戻らないあの日

秋の太陽を見上げた あたたかい日差しを身体中で受けとめたいから
ゆらら ゆれながら色づく木の葉達 願いは叶わずに悲しく落ちてった

かすかに感じるあなたの気配がどこかに
目に映ってる景色はあの頃のまま

辛くて苦しくて動けなかった あなたの手を離したあの瞬間(とき)
二度と会えない わかっていても 「またね」と少し強がりみせた
あなたが残した甘く切ない日々
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:秋風 歌手:Kiroro

Kiroroの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2002-12-18
商品番号:VICL-61050
ビクターエンタテインメント

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP