男と女の別れ道

この曲の表示回数 5,931
歌手:

島津悦子&夏木ゆたか


作詞:

麻こよみ


作曲:

市川昭介


あなたの煙草に 両手を添えて
風をよければ あふれる涙
泣くのはおよしと か細い肩を
抱けばなおさら つらくなる…
どんなにどんなに 愛していても
月日が別れを 連れて来る
二人の最後の
思い出に
せめてそこまで 歩く別れ道

も少し上手に 甘えていたら
今も幸せ 続いたかしら
おまえの淋しさ 気づきもぜずに
わがままばかりを 通したよ…
あんなにあんなに 愛していても
いつしか心は 色褪せる
悔やんでみても
遅すぎる
胸にせつなさ 揺れる別れ道

どんなにどんなに 愛していても
月日が別れを 連れて来る
二人の最後の
思い出に
せめてそこまで 歩く別れ道
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:男と女の別れ道 歌手:島津悦子&夏木ゆたか

島津悦子&夏木ゆたかの新着情報

  • 新着歌詞がありません

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2002-12-04
商品番号:KIDX-712
キングレコード

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP