キングストーン

この曲の表示回数 6,979
歌手:

メガマソ


作詞:

涼平


作曲:

涼平


赤い眼で鍵盤弾く俺、音楽に愚直である。
迫る時間の壁面、登り道なら辛くない。

至高を旋律に詰め、音楽に愚直であれ。

白い夜、この歌は、打ち上げた、花火の様。

濡れゆく薄色纏い、緑の弧を描く。
ぶちまけた緋の居場所、こっそり作ろう。

白い夜、この歌は、打ち上げた、花火の様。
白い夜、この歌は、朽ち果てぬ、あなたの様。

濡れゆく薄色纏い、緑の弧を描く。
ぶちまけた緋の居場所、こっそり作ろう。

広がる眩しい夜明け、均質に染めてく。
ぶちまけた音の居場所、堂々見せよう。

白い夜、この歌は、打ち上げた、神話の様。
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:キングストーン 歌手:メガマソ

メガマソの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2009/10/07
商品番号:AVCD-31715
エイベックス・エンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP