試聴する

古都

この曲の表示回数 10,200
歌手:


作詞:

伊勢正三


作曲:

大久保一久


別れた人には 京都が似合うと
始めて気づいた 木屋町通り
古い都への 出逢いとはいつも
こうして始まるものでしょうか
いつか いつか こんな時がくるねと
君は 君は 遠い空を見つめて
つぶやくように云った

いつも にぎやかな 四条通りにも
悲しい目をした 人がいる
嵯峨野のあたりに 沈む夕陽さえ
急いでぼくから逃げてゆく
何もかもが ぼくに 背中を向けて
ぼくは ぼくは 一人とり残されて
しまったような気がする
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:古都 歌手:風

の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1998-03-04
商品番号:CRCP-28114
日本クラウン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP