退屈な森

工藤順子

退屈な森

作詞:工藤順子
作曲:工藤順子
発売日:2000/12/12
この曲の表示回数:3,745回

退屈な森
恋など知らずにいた 遠い夏 細い棘
他人(ひと)の心が 平気で読めた 見つめるだけで
すべては思いどおり 退屈だけの森

時はうねりながら 長い川を下る
濡れたままの二人 砂に残したまま
そして見つめ合った 白い光の中
あの子の心だけ 私の物じゃない

窓辺に寝転がって 永い夜 浅い息
ナイフみたいな 月と遊んだ 蒼い小指で
普通の理想(ゆめ)をみたら 普通の人になる

胸は熱く躍り 嘘が下手になると
舌の先を離れ 逃げて行った呪文
二度とあれからもう 奇蹟は起こせない
あの子の心さえ ついに読めないまま

蝙蝠達が帰る 退屈な あの森に
眩しい時間だけが 今でも 眠ってる

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません