夏の鈴

工藤順子

夏の鈴

作詞:工藤順子
作曲:工藤順子
発売日:2000/12/12
この曲の表示回数:5,380回

夏の鈴
白い 日傘くるり
蒼い 影がくねり
汗と 目眩の中
よどむ…風が かすむ…時が

あの木陰まで ゆけば
あの木陰まで ゆけば

だけど歩けば 歩くほど
遠ざかってゆく ゆらゆらと

鈴の音が… チ・リ・リ
どこか遠く… チ・リ・リ

教えてやろうか その道は
堂々巡りの 狐道

謳え 砕けるまで
蝉の 銀の羽根よ
足の 下はいつも
抜け殻達の 作る道よ

灼けた土は 続く
灼けた土は 続く

だけどこの足 痛みなど
感じた事など ありゃしない

鈴が鳴いた… チ・リ・リ
胸の奥で… チ・リ・リ

教えておくれよ 生きてゆく
この足に罪の 有りや無しや

日光写真の 被写体に
心なんかは 無くていい

鈴が呼んだ… チ・リ・リ
道の下で… チ・リ・リ

このまま地面に 焼き付いて
木陰は遠くに なるばかり

コトバのキモチ 投稿フォーム

ココでは、アナタのお気に入りの歌詞のフレーズを募集しています。
下記の投稿フォームに必要事項を記入の上、アナタの「熱い想い」を添えてドシドシ送って下さい。

推薦者:アナタのお名前(ペンネーム可)
性別:
 
年齢:
 歳
投稿フレーズ:
曲名:
歌手名:
コメント:
歌ネットに一言あれば:

※歌詞間違いのご指摘、歌ネットへのご要望、
その他返信希望のお問い合わせなどは
コチラからどうぞ。→ 問い合わせフォーム

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません