ほんとうの街につもる

この曲の表示回数 3,098

真っ白い雪が降っている
その上に君の足跡が
ひとつひとつ残っていて
生きていると思うんだ

冬が過ぎ春が過ぎて
夏が過ぎ秋が過ぎて
もう何年も会ってませんね
きっとどこかでちらちら雪を

つもるつもるどんどんつもる
足跡も消えてなくなり
いずれ大きな山を作って
そこから君を
呼んでみたいと思うのです

つもるつもるどんどんつもる
足跡も消えてなくなる
だけど少しも悲しくないよ
そこには君が
見えるように思うのです
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:ほんとうの街につもる 歌手:くうきにみつる

くうきにみつるの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2013-11-20
商品番号:DDCZ-1909
SPACE SHOWER MUSIC

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP