37.6

この曲の表示回数 13,211
歌手:

元ちとせ


作詞:

HUSSY_R


作曲:

間宮工


あれは麻疹で早退けした午後
母の背中で少し眠った

ゆるい坂道 降りきった頃に
どこか泣きたい気持ちになった

ぼんやり開けた目に
いっぱいのベニトンボ
大事なひと時 悼むように
紅く紅く燃えて
夕焼けへと
溶けていったね

37度6分を持て余した部屋
小さな残像 息をしている

ひとりの生活も
苦になんてならないと
それでも記憶の片隅には
紅く紅く染まる
一枚の絵
変わることなく
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:37.6 歌手:元ちとせ

元ちとせの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2004-08-04
商品番号:ESCL-2691
エピックレコードジャパン

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP