北の嫁っこ

この曲の表示回数 8,841
歌手:

水沢明美


作詞:

森田圭悟


作曲:

岡千秋


地鳴りが戸板を 叩くから
浅い眠りに 夜明けも遠い
待ち火を燃やして あと三月
ひとりでお父(どう)の 帰り待つ
アイヤー無事でな 会いたいよ
指折り数える 嫁っこにゃ
長いのさ…
酒の匂いを プンプンさせて
夢でも寝床に 来ておくれ

吹雪が夜道を 走る頃
町で働く 男の苦労
思えばひと冬 寂しさも
こらえてなんとか 暮らすのさ
アイヤー無事でな 怪我するな
布団をかぶった 嫁っこにゃ
冷えるのさ…
強い力で わたしを抱いて
こごえた月日を 消してくれ

アイヤー無事でな 会いたいよ
無骨なひとでも 嫁っこにゃ
やさしいよ…
土産ぶら下げ でっかい声で
「帰ってきたぞ」と 呼んでくれ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:北の嫁っこ 歌手:水沢明美

水沢明美の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:2013-12-04
商品番号:CRCN-1753
日本クラウン

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP