やつらの足音のバラード

この曲の表示回数 13,660

なんにもない なんにもない
まったく なんにもない

生れた 生れた なにが生れた
星が一つ 暗い宇宙に生れた

星には夜があり そして朝が訪れた
なんにもない大地に ただ風が吹いてた

やがて大地に草が生え 樹が生え
海にはアンモナイトが生れた

雲が流れ 時が流れた 流れた
ブロントザウルスが滅び

イグアノドンが さかえた
なんにもない大空に ただ雲が流れた

山が火を噴き大地を氷河がおおった
マンモスのからだを長い毛がおおった

なんにもない草原に かすかに
やつらの足音がきこえた

地平線のかなたより マンモスのにおいと共に
やつらがやってきた やってきた
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:やつらの足音のバラード 歌手:小泉今日子

小泉今日子の新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

発売日:1993-11-21
商品番号:VICL-478
ビクターエンタテインメント

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP