木村三郎51才

この曲の表示回数 19,673

ひとりで呑みたい そんな夜
月に二度や 三度ある
別れに苦労を 置いてきた
おまえを酔うほど おもいだす
木村三郎 五十一才です
とか何とか 云いましたが
人生ふりむく まだまだ年じゃない
…なんてネ

三三九度から 二十年
娘持つのが 夢だった
幸せ一つも やれないで
勝手に家庭を 捨てた俺
木村三郎 五十一才です
とか何とか 云いましたが
人生ふりむく まだまだ年じゃない
…なんてネ

便りがとだえて 春になり
古い便箋 読み返す
病気で寝込んで いるだろか
余計なお世話と 笑うだろ
木村三郎 五十一才です
とか何とか 云いましたが
人生ふりむく まだまだ年じゃない
…なんてネ
このアーティストが好きなユーザー

icon この歌詞をアナタのブログやHPに表示する場合はこのURLをコピーしてください。

リンクコード

曲名:木村三郎51才 歌手:宮路オサム

宮路オサムの新着情報

最近チェックした歌詞の履歴

  • 履歴はありません

loading

iTunes

この歌詞をスマホで見る

この歌詞をスマホで見る

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」て何?

最近Webサイトで頻繁に見かけるようになったこの機能。これらは「レコメンド機能」、「レコメンドサービス」などと呼ばれ、amazonなどの大手Webサイトが活用しています。

「この歌が好きな人は、こんな歌も見ています!」は、歌ネットへのアクセス履歴からユーザーの好みに近い楽曲を集計し推薦する機能です。あなたに「新たな発見・歌との出会い」を提供するサービスです。

HELP